無駄なお金を使わず結婚祝いと出会う方法

人気記事ランキング

ホーム > > 大人ニキビは砂糖の取りすぎが原因

大人ニキビは砂糖の取りすぎが原因

大人ニキビとは、ホルモンのバランスが崩れたり、ストレスを感じることによって皮脂の分泌バランスが崩れ、毛穴につまりやすくなることにより発生するニキビのことです。皮脂が酸化して雑菌と混ざると、炎症を起こして赤く腫れたニキビとなります。
皮脂は、普段から砂糖を多く取りすぎている人に多く分泌され、体内で代謝し切れなかった糖分が脂肪分として蓄えられ、毛穴から皮脂となって分泌されます。糖分を控えなければ、過剰な皮脂分泌を防ぐことができません。大人ニキビの特徴として、食生活やストレスなどによる肌のバリア機能の低下、皮脂の増加などが挙げられますが、ビタミンBを摂取することによって糖分の代謝が活発に行われるため、ニキビをなくすためには効果的です。
また、日常的に砂糖を使っている人は、その量を減らし、甘いものを控えるようにしましょう。糖分の過剰摂取によって、糖尿病や、肌が黄色く変色する糖化とよばれる老化現象につながります。

詳細は大人ニキビ で書かれています。