無駄なお金を使わず結婚祝いと出会う方法

人気記事ランキング

ホーム > 趣味 > 東洋医学の食養生について

東洋医学の食養生について

東洋医学には、「食養生」(しょくようじょう)と呼ばれる、
食生活の改善方法があります。この方法を毎日心がけていれば、
さまざまな体の不調を予防することができるのです。


東洋医学の食養生では、まず、「体を温める食べ物」=温性と、
「体を冷やす食べ物」=寒性に分けて食事バランスを整えます。


女性の場合は特に、冷え性、末端冷え性の人が多いので、
積極的に温性の食べ物を取るのが推奨されますが、
健康体の方は、この温性と寒性の食べ物をバランス良く摂取するのが理想です。


良く食卓に並ぶ食材の中では、しょうが、長ネギ、玉ねぎ、
納豆、鶏肉、エビ、味噌、カボチャなどが体を温める温性の食べ物。
トマト、きゅうり、なす、ほうれん草、りんご、白砂糖などは、
逆に体を冷やす効果のある寒性の食べ物です。


夏場は寒性を摂ることで、冬場は温性を摂ることでも、
気温の変化に耐えられやすくなる効果がありますので、
常にこの温性、寒性のバランスを考えて食事するのがおすすめです。

体の老化を防ぐにはこのサイト!




タグ : ,